頭か痒いなと思ったらかさぶたができていた。

気が付くとフケも目立つようになった。

頭皮に炎症でもできているのだろうか?頭皮かさぶたは、自分でできそうな対処法をする。

保湿のためにできることも必要なので、保湿剤も塗り過ぎに注意してケアしてみよう。

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、いくつかあります。

最も大きい理由としては、シャンプー剤の成分です。

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで春、夏、秋、冬と一年を通して対策すべきなのは同じです。

頭皮になくてはならいない分の皮脂を洗い流してしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

また、市販されているトニックシャンプーなどを利用する頻度が高いとか、頭皮に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因になると言えます。

それと洗髪に熱いお湯を使っても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、乾燥の改善を阻みます。

このように髪や毛穴の清潔さを保つためのシャンプーが引き金となって、頭皮を乾燥させてしまうことが大半です。

他、頭皮には避けたい刺激といえば、UVや寒さ、空気の乾燥等がありますので、できるだけ避けるようにしましょう。

アラントインとは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、細胞の若返りなどに高い効果があるとして医薬品に含まれる成分です。

化粧品に含まれると医薬部外品の化粧品に昇格します。

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に含めることで、化粧品に含まれる他の成分による刺激性を抑えることで、製造者が、化粧品内染料の刺激を耐えたい、敏感肌向けの商品に新たな成分を試したいときに価値のある成分です。

また、育毛作用も実証されていたり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする