精神的ストレスや睡眠時間の不足、

栄養不足も痒みやフケを伴う頭皮乾燥を発症させる原因です。

精神的な圧迫感、不愉快な気持ちが増大したり寝不足は、全体的に血行が悪くなります。

すると体の代謝力が低くなって、角質の入れ替わりの肌の循環過程(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

そうすると肌が持つバリア機能や保水する力が低下し、乾燥につながります。

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

なおアトピーの肌は、肌の循環過程が短い場合が多いです。

肌の循環過程を正常化させるには、まず正しい睡眠が必要です。

就寝後90分間が、最初のノンレム睡眠(深い眠り)なので、この最初の深い眠りをキチンと深い眠りにできるかが大切です。

次に食生活です。

ビタミンの不足や偏りが問題ですが、中でもビタミンAとビタミンB6は体の代謝への影響が大きいので、適度に摂れるように食事のバランスに気を付けてください。

ビタミンAはほうれん草、人参、紫蘇(しそ)から摂りやすいです。

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、バナナなら簡単に摂れますね。

アラントインとは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、細胞の若返りなどに有力な効能があるとして医薬品に利用される成分です。

化粧品に含まれると医薬部外品となります。

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に利用し化粧品に含まれる他の成分による刺激性を抑えることで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、敏感肌向けの商品に新たな成分を試したいときに有用です。

また、育毛の効果があったり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

フケが取れないからと一日のうち洗髪を2回以上しているならば、それは止めましょう。

シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な水分や油分を過剰に洗い流してしまいます。

そのことが皮脂の過剰分泌、臭いの原因になったりするので、洗髪は、一日に2回以上しないよう心掛けた方がいいです。

そしてシャンプーは、濡らす前のブラッシング、十分に濡らして泡をたて、爪を立てないで揉むようにシャンプーします。

また、最初に後頭部や耳の後ろ、そして頭頂部と洗う順番を気にすることも大切です。

最後は、十分かつ丁寧にすすぎ頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

ときどき頭皮乾燥オイルでオイルマッサージなどのケア方法をおすすめしますが、あくまでも頭皮と相談しながら行ってください。

もし、皮膚科などから処方された薬があるならどんなに人気ランキングの上位商品でも頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする