皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

肌のすべてに皮脂腺はあって、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

それは、常在菌が活動するためのエネルギーをもっとも分泌する場所であり、ひいては、常在菌を増やす好条件にもなっています。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

皮脂が増える原因は、洗髪、ストレス、ヘアドライ、食事、加齢が考えられます。

洗髪で必要以上に皮脂を取り除いてしまっては、逆に乾燥から頭皮を守るためいつもよりたくさんの皮脂を分泌しようとする作用が働きます。

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれは頭皮を刺激する原因になり、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、ドライヤーを使わないと髪はもちろん頭皮の水分もしっかり乾かしきることはできず、残った水分と体温で蒸れて、それが皮脂の過剰分泌につながります。

とは言えドライヤーで頭皮を乾かしすぎるとやり過ぎの乾燥は皮脂を余分に分泌させてしまいます。

ストレスは、体内のホルモンバランスを狂わせます。

それにより、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も多く分泌されることとなります。

加齢によって皮脂の分泌量と肌の水分量のつり合いが乱れ、相対的には皮脂の分泌が多くなってしまいます。

食事では、顕著な好き嫌い、特に油を使った料理や糖分が多いものを食べ過ぎると皮脂は増える傾向にあります。

乳製品、果物、お菓子に含まれる糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、糖分が多いものを食べ過ぎるとそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

頭皮の匂いを消すというスプレータイプの商品を使ってみたが、長くはもたなかった。

もしかしてこのニオイはある意味病気?頭皮の匂いに効くシャンプーはもちろん使っているが、丁寧に使っても治ったとは思えない。

臭う時の対処法として、人気ランキング上位のシャンプーを使ったが、イマイチ効果を感じることができなかった。

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする