頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、

逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする