赤い頭皮になることを防止するためには、

紫外線対策をします。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

赤い頭皮になっているのは、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないという点です。

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から影響されないようにする機能があります。

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうというわけです。

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を発症しやすくなります。

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで頭皮に炎症が起きるというわけです。

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?逆に赤い頭皮は何らかの異常があります。

赤い頭皮は血行が悪い状態で、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

たとえば顔色の場合、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

でも頭皮の場合は事情が違います。

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、もともと血流が悪いので白いのです。

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする