「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、

その「できもの」を触らないということです。

痒いならなおさらです。

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。

そのため指先を使って確認せざるを得なくなります。

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

指先や「できもの」のない肌の場合は、見えない雑菌を恐れることはありません。

でも、できものができている部分に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態が症状が悪化する可能性が高くなります。

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

頭皮にニキビなどのできものができてしまったら最初に試す価値があるのは、いつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくすことが大切です。

シャンプーの刺激が原因なのか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

洗浄力が高い「~~硫酸」とか「~~スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすくなります。

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

寝る前2時間は食事をしないこと。

寝るときに体をリラックスさせておきます。

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする