頭皮にブツブツと湿疹ができることが

赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして起こります。

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

治らないということはまずありません。

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、正常なターンオーバーは、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

後は、ドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする