痒みや臭い、乾燥やフケ、べたつきなどは

頭皮によくあるトラブルで、原因はマラセチア菌(人間の肌の常在菌)が疑わしいと思われます。

常在菌は、脂肪酸を出し活発になればなるほど大量に出します。

脂肪酸や菌そのものの刺激のため肌の再生サイクルに支障をきたし、トラブルを引き起こしやすくなります。

トラブルの内容は、人それぞれですが、たとえば頭皮が乾燥してフケが出たり、チクチクとした痒みがあったり、べたついたり、トラブルが同時多発的です。

頭皮が健康であれば、丈夫な髪が生まれます。

しかし、乾燥、痒み、毛穴詰まり、かさぶた、匂い等の症状であれば、髪の成長に支障が出ることがあります。

つまり、頭皮ケアは正常な発毛などにするためなくてはならないことです。

頭皮の乾燥は潤いや皮脂が足らなくなり、頭皮のバリア機能の性能が弱くなります。

バリアする力が弱くなると髪のバリアさえも弱くなって、紫外線や空気の乾燥で弊害が出やすくなってパサついた髪になりがちです。

逆にべたついた髪になることもあります。

それは頭皮皮脂の適正量を超えると果樹分が髪に付着して、埃や汗が相まって髪のべたつきにつながってしまうのです。

頭皮の問題(乾燥、べたつき、フケ、ニオイ、痒み)をなくすためには、発症の犯人であるマラセチア菌に注目しましょう。

残念ながらそれらを無くすことはできませんが、弱めれば問題となる症状を引き起こすのリスクを軽減することが可能です。

どうするかというとマラセチア菌の餌の過剰な皮脂量にならないようにします。

エネルギー源が少なければ、活動が弱まって増えることもないからです。

それとマラセチア菌は、頭皮だけでなく毛穴の中にもいます。

それは毛穴のケアの必要性を意味します。

頭皮のケアは毛穴のケアでもあるということですね。

頭皮毛穴洗浄シャンプーでも頭皮毛穴クレンジングでも薬局で買える市販のアイテムにしても、方法ありきではなく頭皮毛穴ケアをきちんとできないと本当のケアにならないということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする