フケが取れないからと一日のうち洗髪を

2回以上しているならば、それは間違いです。

シャンプーのし過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を取り過ぎてしまいます。

そのことが皮脂を過剰に分泌したり、ひいては臭いの原因になるので、シャンプーの基本は、1日1回です。

そして洗髪は、濡らす前に髪のもつれをほぐすこと、十分に濡らして泡をたて、爪を立てないで揉むようにシャンプーします。

また、後頭部から耳の後ろ、次に頭頂部へと洗う順番を気にすることも大切です。

最後はしっかりとすすいで、シャンプーが残らないように注意してください。

ときどき頭皮乾燥オイルでオイルマッサージなどのケア方法をお勧めしたいところですが、あくまでも頭皮と相談しながら行ってください。

もし、皮膚科などから処方された薬があるならどんなに人気ランキングの上位商品でも頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いと思います。

乾燥・敏感な頭皮の人は、シャンプーの見直しが先決です。

使っちゃいけないのは、良くも悪くも地肌の皮脂をガッツリ落としてしまう石油系界面活性剤入りのシャンプーです。

具体的にその成分は、ラウリル硫酸(ナトリウム)ですので、成分表にその記載がある商品は、使わないようにします。

洗浄力がマイルドなアミノ酸が主原料のシャンプーが良いです。

大島椿の椿油シャンプー、第一三共ヘルスケアのミノン、花王のキュレルなどは、市販のシャンプーの中で人気が高いですね。

続けることで頭皮の痒みや痛みなどのトラブルが減って乾燥が改善できれば、目立つフケはなくなる可能性が高くなります。

その他、シャンプー選びのポイントをご紹介します。

オイル系は、植物オイルや馬油など主成分には自然由来の原料が使われているものが良いです。

石鹸系は、弱アルカリ性では洗浄力が強すぎるので、弱酸性のものがイイでしょう。

薬用シャンプーなら乾性フケ対策になるアラントイン入りのものを選びます。

頭皮トラブルの多くは、頭皮の乾燥から始まった症状です。

頭皮が乾燥している状態では、保湿の機能と雑菌を防ぐ機能が弱くなるので、いろいろな頭皮のトラブルを引き起こすわけです。

誰もが一度や二度気にしたことがあるのが、フケです。

フケは、2種類(脂性、乾性)あります。

乾性フケは、簡単に言えば乾燥し過ぎで生まれるのですが、頭皮の表皮細胞が浮き上がって剥がれたものです。

頭皮が正常であれば、目立つものではないのですが、ターンオーバー(肌再生のサイクル)が、乱れていると大きな塊として剥がれ目立つのです。

フケ以外の頭皮トラブルは、吹き出物のような赤いポチポチです。

原因や症状により、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹に分かれます。

中でも乾皮症皮脂欠乏症湿疹は主な原因は乾燥で、カサカサひび割れしている状態でどうしても乾燥した時期に発症しやすいです。

それとそれらのトラブルの後は、抜け毛も心配です。

ただ、抜け毛に関しては別の記事で書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする