アラントインは、肌荒れ、

消炎効果(ニキビの赤みを抑える)アレルギー緩和効果、細胞レベルの活性などに有力な効能があるとして医薬品に利用される成分です。

化粧品に含まれると医薬部外品の化粧品に昇格します。

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に含めることで、化粧品の中の刺激性を緩和することで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、新たな敏感肌向けの商品を開発する場合に有用です。

また、育毛の効果があったり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

フケが気になるからといって1日に2回以上シャンプーしているなら、それは止めましょう。

シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な水分や油分を取り過ぎてしまいます。

それにより皮脂の過剰分泌、臭いの原因になったりするので、洗髪は、一日に2回以上しないよう心掛けた方がいいです。

そして洗髪は、濡らす前のブラッシング、十分に濡らして泡をたて、指の腹でマッサージするようにシャンプーします。

また、最初に後頭部や耳の後ろ、そして頭頂部と洗う順番も意識しましょう。

最後は、十分かつ丁寧にすすぎ頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア方法をおすすめしますが、あくまでも頭皮と相談しながら行ってください。

もし、皮膚科の薬を使用するならどんなに人気ランキングの上位商品でも頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いと思います。

頭皮がの痒い、痛い、カサカサなど症状は、頭皮の乾燥から始まった症状です。

頭皮が乾燥している状態では、頭皮に水分を維持する機能と雑菌を防ぐ機能が著しく損なわれるので、様々な頭皮トラブルとなります。

誰もが一度や二度気にしたことがあるのが、フケです。

フケは、2種類(脂性、乾性)あります。

乾性のフケは、乾燥し過ぎで生まれるのですが、頭皮の表皮細胞が浮き上がって剥がれたものです。

健康な頭皮であれば、目立つものではないのですが、ターンオーバー(肌の循環過程)が、乱れていると大きな塊として剥がれ目立つのです。

フケ以外の頭皮トラブルは、吹き出物のような赤いポチポチです。

原因や症状により、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹に分かれます。

中でも乾皮症皮脂欠乏症湿疹は乾燥が主な原因で、カサカサひび割れしている状態でどうしても乾燥した時期に発症しやすいです。

それと頭皮トラブルに起因する抜け毛も重大ですが、ただ、抜け毛に関しては別の記事で書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする