頭にできるニキビは、余分な脂が毛穴に詰まることで

発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常にすることが必要です。

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

それを実現するためにできることをお話しします。

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

以上です。

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびになりやすい条件となっています。

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

顔面と頭皮、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

そのような理由で、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする