肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、

どんな違いがあるでしょう。

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

顔面と頭皮、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

男性でも女性でも将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたと痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、シャンプー方法を見直しましょう。

大切なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はしっかりとること、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、そしてシャンプー剤は頭皮や髪にに残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

そのために意識すべきことをお話しします。

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする