脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、

ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

特に皮脂腺は、最も多いです。

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

頭皮も皮膚の構造は同じです。

頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

子供でさえかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になってしまう危険があります。

子供でも同様に治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないこともありました。

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などがあり、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

シャンプーは、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

ストレスが原因かもしれませんし。

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、枕と炎症部分が擦れることで、治りにくいということがあります。

常に枕のカバーは清潔にするよう心掛け、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする