かゆい・痛い頭皮湿疹にしないために洗髪は、

頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

温めのお湯とは、38度前後です。

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

これにより頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

当然、抜け毛の予防にもなります。

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

それが油断した結果かもしれません。

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

ストレスが原因かもしれませんし。

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

枕カバーは清潔にするよう心掛け、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

そうしないとドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする